2013年07月12日

赤ちゃん 保冷剤

毎日毎日、酷暑が続きますね。

すでに暑さに負けて夏バテになっている方も
いるのではないですか?

大の大人も暑さに根を上げていて
自分の周りには首に濡らしたタオルを巻いたり
保冷剤を使ったりして暑さを凌いでます。

ところで、大人でさえこうなのですから
赤ちゃんなんかもっと大変です。

赤ちゃんの汗腺は大人と同じ位あるため
同じ面積での汗腺の数はおよそ6倍。

汗をかく量は大人に比べて2〜3倍の量になる計算になり
大変汗っかきなんですね。

なので熱中症や脱水症状には
気を付けないといけないですよね

本当なら、こんな酷暑の中を
連れ回さない方が良いのですが
やもえない事情があって外に連れ出すこともあると思います。

そこで熱中症にならない為に
水分を持ち歩くのは勿論ですが保冷剤が活躍します。

今は、ベビーカーの中に敷ける保冷剤もありますし
保冷剤を入れられるポケットのついた
抱っこ紐もあります。



これなんか、ちょっとしたお出かけに便利だと思います。

あと、赤ちゃんに対して保冷剤を使う時に
注意したいことがあります。

保冷剤の中身は人体に害がある毒物なので
誤って外側が破れて中身が出てこない丈夫なものを
選びたいところです。

他にも赤ちゃんの肌は大人に比べて敏感なので
しっかりとタオルなどに巻いて
直接、赤ちゃんの肌に触れないように
気をつけてください。

そして、赤ちゃんに対して保冷剤を使う場合は
背中や首の裏が効果的です。

ここなら赤ちゃんがイタズラしようにも
手が届きませんし
首の裏などは太い血管が通っていて
体を冷やすのに効率的です。
ラベル:保冷剤 赤ちゃん
posted by ばるさん at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

熱中症予防対策

梅雨明け宣言以来とても暑い日が続いていますね。

そして、こう暑い日が続くと
熱中症にかかったとか、熱中症で倒れたとかの
ニュースが多くなってきます。

この熱中症も若い内なら平気なのですが
幼い子供やお年寄りの場合は
油断していると大変な自体になってしまう事もある様です。

幼い子は自覚症状に乏しく
お年寄りは油断からくる事が多いみたいですね。

「ちょっと気分が悪い」「体調がすぐれない」
でも、そんなに体がきつくないからと言って
そのまま放置していて症状が進み
重度の熱中症になってしまうんだそうです。

他にも、日陰にいるからとか
水分補給しているとかと言っても
熱中症にかかることもあるようです。

例え日陰にいても
日本のように高温多湿だと
発汗作用での汗の蒸発による気化熱の作用が
著しく低下していて
結果、体温の調節が上手く行われずに
体温が上がってしまう様ですね。

こんな時にはやっぱり
団扇等で積極的に体に風を送り込んで
体温を下げるのが良いでしょう。

あと、暑いからといって
冷たい飲み物を大量に取るということも
意外と危険です。

冷たいモノを取りすぎると
胃腸の活動が低下してしまい
食欲減退や消化不良を起こしやすくなります。

そうなると待っているのは「夏バテ」
こうなると栄養も充分取れず
暑さに体が負けてしまします。

まあ、これは常識の範囲での
水分補給なら問題になりませんけどね。

大事なことは「こまめに冷たいモノを摂取する」
と言う事です。

他にも、大量に汗をかいているのに
水分だけの補給をしていると
体の中の塩分濃度が低くなってしまい
目眩やフラつく症状が出てきます。

酷くなると体が体内塩分濃度を
通常の値に戻そうと
余計に水分を体外に排出しようとして
本末転倒な結果になる事も・・・

まとめると、汗をそれほどかかない人は
冷たいのもモノを「こまめに補給」
汗をたっぷりかく人は水分だけではなく
塩分も補給する事。

塩分の補給と言うと小難しく感じますが
スポーツドリンクが手っ取り早いですね。

後は、夏の暑さに負けないように
栄養のある物をたっぷりと摂取することです。

夏の暑さに対抗するために必要な栄養素には

「カリウム」
カリウムは汗と一緒に排出され
これが不足すると細胞内が脱水症状を起こします。

また、カリウムには筋肉を収縮する
手助けをする働きが有り
これが熱中症にかかった時の回復に役立つので
普段からこまめに摂取したいところです。

カリウムが多く含まれている食べ物には
小豆・そら豆・海苔・ヒジキ・ほうれん草
ジャガイモ・サトイモ・落花生・松の実・バナナがあります。

他の栄養素では
「ビタミンB1」
ビタミンB1は糖質を分解する働きが有り
糖質が分解できないと体内の疲労物質が
たまりやすくなります。
つまり、疲れやすくなるわけですね。

ビタミンB1が多く含まれていす食べ物には
豚肉・ハム・焼き豚・ウナギ・グリーンピース・海苔・乾燥大豆などがあります。

そして、最後に
「クエン酸」
これは有名な所では梅干やレモンのように
酸味主成分で主な働きは疲労の原因となる
乳酸の発生を抑える効果があります。

クエン酸が多く含まれている食べ物には
梅干・レモン・グレープフルーツ・オレンジ・食酢・黒酢など
酸っぱいモノが多いです。

こういう食べ物をバランス良く摂取することで
熱中症にかかりにくくなる体を手に入れましょう。



ラベル:熱中症 予防 対策
posted by ばるさん at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

梅雨明け宣言

ようやく関東に梅雨明け宣言が出ましたね。

今年は、あまり雨も降らず空梅雨のような印象でした
そして、気象庁の発表によると
早い梅雨明けの影響で猛暑がしばらく続くとの予想です。

全国的に猛暑日になるようなので
熱中症対策グッズなども話題に上がっています。

まあ、梅雨明けが早いといっても
例年に比べてどれくらい早いかというと
関東に比べて沖縄、九州地方の南の方は1週間程度
そして、北上するに従って
2週間程度早く梅雨明けしているようです。

この記事を書いている時点では
北陸や東北地方はまだ梅雨明けしていないようですね。

って事で、ココで梅雨明け宣言がされたので
関係ある動画をチェック。



梅雨のジメジメを吹き飛ばす
ノリのいい曲です。

個人的にはいい感じだと思いますが
どうでしょうか?


ちょっと話は逸れましたが
梅雨明け宣言と言うのは
何を基準に決めるのか知っていますか?

気象庁は「梅雨」を
「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる現象、またはその期間。」
と定義しています。

実際のところ、
これだけじゃ梅雨入り、梅雨明けなんか
わかりませんよね?

なので気象庁はもう少し細かく気圧配置や
雲の様子をを見て
「梅雨らしい気圧配置」から「夏らしい気圧配置」に
変化を確認してから梅雨明け宣言をするそうです。

結局のところ
計算や数値で梅雨が終わったと結果が出せないんですね
最後は人が決めているということです。

そして、調べていて分かったことなんですが
気象庁は梅雨明けの「宣言」をしたことは無いということです。

気象庁は、あくまでこの日当たりが梅雨入り、梅雨明けの
節目じゃないかなと言う発表をするだけで
それを「宣言」にしているのはマスコミのようですね。

気象庁は北海道を除いた日本各地を12地方に区分して
そこを担当する気象台と気象庁予報課が
向こう1週間程度の天気を予測します。

それより前に比べて雨の日が増えて日照時間が少なくなると判断した
5日前後の大体の中日を「梅雨入り」

それよりも前に比べて雨の日が減り日照時間が多くなるだろうと判断した
5日前後の大体の中日を「梅雨明け」としているそうです。

そして、これを「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています
この為、予想が外れると改めて
梅雨入り、梅雨明けが訂正される事もあります。

最初の方で空梅雨についても書きましたが
梅雨と降雨量には直接の関係が無いようです。

あくまで梅雨とは気圧配置によって
天候が不安定な状態の事を指すのであって
○mm以上雨が降るから梅雨と言う事はないそうです。

「梅雨入り」「梅雨明け」が発表された時点では
あくまで予想だと言うことは今まで知りませんでした。

取り敢えず、せっかく梅雨明け「宣言」されたので
もう梅雨のことは忘れて
これからやって来る夏に向けて
楽しい計画を立てちゃいましょう。

海に山にレジャースポットにと
あ、社会人の人は
やっぱり田舎へ里帰りが本命ですかね?


posted by ばるさん at 04:24| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
日々の日記」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。