2013年07月12日

赤ちゃん 保冷剤

毎日毎日、酷暑が続きますね。

すでに暑さに負けて夏バテになっている方も
いるのではないですか?

大の大人も暑さに根を上げていて
自分の周りには首に濡らしたタオルを巻いたり
保冷剤を使ったりして暑さを凌いでます。

ところで、大人でさえこうなのですから
赤ちゃんなんかもっと大変です。

赤ちゃんの汗腺は大人と同じ位あるため
同じ面積での汗腺の数はおよそ6倍。

汗をかく量は大人に比べて2〜3倍の量になる計算になり
大変汗っかきなんですね。

なので熱中症や脱水症状には
気を付けないといけないですよね

本当なら、こんな酷暑の中を
連れ回さない方が良いのですが
やもえない事情があって外に連れ出すこともあると思います。

そこで熱中症にならない為に
水分を持ち歩くのは勿論ですが保冷剤が活躍します。

今は、ベビーカーの中に敷ける保冷剤もありますし
保冷剤を入れられるポケットのついた
抱っこ紐もあります。



これなんか、ちょっとしたお出かけに便利だと思います。

あと、赤ちゃんに対して保冷剤を使う時に
注意したいことがあります。

保冷剤の中身は人体に害がある毒物なので
誤って外側が破れて中身が出てこない丈夫なものを
選びたいところです。

他にも赤ちゃんの肌は大人に比べて敏感なので
しっかりとタオルなどに巻いて
直接、赤ちゃんの肌に触れないように
気をつけてください。

そして、赤ちゃんに対して保冷剤を使う場合は
背中や首の裏が効果的です。

ここなら赤ちゃんがイタズラしようにも
手が届きませんし
首の裏などは太い血管が通っていて
体を冷やすのに効率的です。
ラベル:保冷剤 赤ちゃん
posted by ばるさん at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

SEO対策テンプレート
日々の日記」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。